☆アルバム別楽曲検索☆



「最果てのコトバ」楽曲・歌詞~幽閉サテライト

youtube:【東方ボーカル】 「最果てのコトバ」 【幽閉サテライト】

  • タイトル:「最果てのコトバ」
  • 作詞:かませ虎
  • 編曲:Iceon
  • 歌:senya
  • ギター:ikuo,音霊
  • 原曲:幻視の夜 ~ Ghostly Eyes
  • 収録:11thシングル「最果てのコトバ」
  • 「最果てのコトバ」歌詞

    空から「終わり」の音色が
    セカイを覆い、響くだけ
    最果てのコトバ
    言えるその時を 願って

    この星の生命は
    おそらく二人で最期になるだろう
    溜息をつきながら
    君は今、遠く彼方でちっぽけさ

    本能より理性が先回りで
    恋焦がれたあの時から 言葉をかけるきっかけも無いまま
    歴史を閉じました

    隠した想いをこのままかき消して…

    地平線しか見えなくて
    身体を隠すモノも無くて
    最果てのコトバ
    言えそうにないわ
    今でも…

    少しずつセカイから
    光や温度さえ薄れてゆく日々
    零からの逃亡が二人の隙間を埋めるようになった

    目の前の命を助けることに
    君は躊躇をしないから
    私に渦巻く場違いな感情
    隠せなくなった

    二人の歴史を重ねて逸らして 嗚呼

    地平線しか見えなくて
    身体を隠し、問いかけ合う
    最果てのコトバ 喉まで出掛かり 言えない…

    二人はいつしか永遠を手探り

    二人の手と手は嘘をつけぬ病となり

    粗末なアダムとイヴが
    ここから始まったと言えよう
    歪なロマンス 観測者は不在

    愛が始まり
    花が咲き 地平線は隠れてゆく
    道徳を語り セカイは再生してゆく

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    幽閉サテライトCD商品リンク

    1stアルバム
    「色は匂えど散りぬるを」


    2ndアルバム
    「小悪魔りんご」


    3rdアルバム
    「手のひらピアニッシモ」


    4thアルバム
    「レプリカの恋」


    5thアルバム
    「幻想万華鏡」サントラ


    6thアルバム
    「月に叢雲華に風」


    7thアルバム
    千華繚乱


    8thアルバム
    「東方歴絵巻」


    9thアルバム
    「濡れた髪に触れられた時」


    10thアルバム
    「三千世界」


    11thアルバム
    「夜桜に君を隠して」


    12thアルバム
    「纏-MATOI- Singles Best Vol.1」


    13thアルバム
    「幻-MABOROSHI- Singles Best Vol.2」

    このページの先頭へ